内蔵HDDがあっという間に外付けHDDに『Aukey 2.5インチHDD/SSD外付けケース DS-B4』レビュー

内蔵HDDがあっという間に外付けHDDに

Aukeyさんから商品提供いただいた『2.5インチHDD/SSD外付けケース DS-B4』のレビューです。

IMG_4895_

7mm&9.5mmのSATA(シリアルATA)仕様の2.5インチ内蔵HDD/SSDが、USB3.0の外付けドライブとして使用できるHDDケースです。

開封

外箱はこんな感じ。Aukey製品は外装に統一感がありますね。

IMG_4890

開けてみます。

IMG_4891

HDDケース本体、USBケーブル、クッション用スポンジ、取扱説明書が入っていました。

IMG_4894

残念ながら日本語の説明はなし。

IMG_4903

まぁ絵も書いてありますし特に難しい操作はいらないので、眺めるだけで大体わかるレベルです。

外観

これといった装飾もなくシンプルな外観。ケース自体の重さは191gとのこと。

IMG_4895_

こちらに付属のUSBケーブルを接続。使用時は端子横のランプが点灯します。

IMG_4897

厚さは約1.2cmです。

IMG_4898

内蔵HDDを取り付けてみる

さっそく内蔵HDDを取り付けてみましょう。

IMG_4905

まずは上蓋を外します。

IMG_4906

今回はコスパの高い東芝製の内蔵HDDを購入してみました。1TBで6千円台とか…最近のHDDはこんなに安いんですね。

ケース内にあるコネクタ部分に内蔵HDDをはめ込みます。

IMG_4907

ピッタリとハマりました。

IMG_4908

上蓋を被せて。

IMG_4909

蓋を閉じます。本製品ではネジ止めなどは不要です。

IMG_4910

見た目は変わっていませんが、中には内蔵HDDが収まっています。

IMG_4911

これで本当に使えるんでしょうか…(ドキドキ

Macに接続してみる

続いてPCとの接続です。

今回はMacBook AirのTime Machine(バックアップ)用として使用してみます。

IMG_4913

付属のUSBケーブルをHDDケースに接続。

IMG_4914

Mac側にも接続します。

IMG_4917

Mac側でHDDが検知されればOKです。

スクリーンショット 2014-08-31 17.13.53

本記事では詳細を省きますが、新品のHDDを接続する場合は用途に応じてHDDのフォーマット(初期化)をします。

スクリーンショット 2014-08-31 17.16.12

ディスクのフォーマットが完了すると使用できる状態に。

IMG_4921

スムーズにTime Machineの利用が可能となりました。

スクリーンショット 2014-08-31 17.22.09

ディスクアクセス中は青と紫のランプが交互に点滅するようです。

IMG_4922

今のところ特に問題なく使用できています。Aukey製品は18ヶ月の保証期間がありますので、何か問題があればサポートへ連絡しましょう。

2.5インチサイズの内蔵HDDが余っている場合は、1000円弱で外付けHDDとして活かすことができる本製品。内蔵HDDを入れ替えれば用途に応じた使い回しもできますので、今回ご紹介したようなノートPCのバックアップ用としても最適かと思います。