Mac OS X ファンクションキー本来の動作を毎回「fn」キーを押さなくて済むようにする方法

Mac OS X のファンクションキーの動作について

最近のMacでは、一番上の列にあるキーに輝度調節や音量調節用のアイコンが刻印されていると思います。これらの機能を頻繁に利用する場合、わざわざ設定を開かずに変更ができるため大変便利ですよね。

ただ、個人的にはアプリ開発でもMacBook Airをメインで使っており、キーボードにある「F1」「F2」などファンクションキー本来の機能を使う機会が多いんですよね。

これらの機能を使用する際に毎回「fn」キーを押すのが面倒になってきたので、ファンクションキーのデフォルト設定を変えてみることにしました。

F1、F2 などのキーを標準のファンクションキーとして使用

「fn」キーを押す手間を省いて、一番上の列のキーを標準的なファンクションキーとして機能させる (Windowsのキーボードと同じような動作です)には、環境設定からファンクションキーのデフォルトの動作設定を変更します。

Apple メニューから「システム環境設定」を開く

スクリーンショット 2013-12-03 09.44.16

システム環境設定の「キーボード」を選択

スクリーンショット_2013-12-03_09_44_40

「F1、F2 などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックをつける

スクリーンショット_2013-12-03_09_44_50

以上の設定により、一番上の列のキーは標準のファンクションキー (F1 ~ F12) として機能し、単独でキーを押した際は音量調節などの機能が実行されなくなります。

ファンクションキーに示されているアイコンの機能を使用するには

この設定をした上で各ファンクションキーに刻印されているアイコンの機能を使用するには、「fn」キーを押しながら該当のキーを押す必要があります。

これまでF1 ~ F12の機能を使用する際に「fn」キーを押していた動作が入れ替わる形ですね。

ファンクションキー本来の動作を使う機会が多い方は、設定を変えてみることをオススメします。

参考

Mac OS X:ファンクションキーの動作を変更する方法