アドレスを知らなくてもGoogle+ユーザー同士なら誰にでもGmailが送れるようになった!ので、速攻で拒否設定しました

Google+ユーザー同士なら誰にでもGmailが送れるようになった

本日(米国時間1月9日)より、GoogleはGmail内からGoogle+のユーザーにメールを送れる機能を追加しました。

Official Gmail Blog: Reach the people you know more easily

この機能追加により、Google+のユーザーはメールアドレスを知らなくても他のGoogle+ユーザーにGmailメールを送信できるようになりました。

対象はすべてのGoogle+ユーザー

デフォルトでは「Google+ のすべてのユーザー」が対象になっています。

スクリーンショット 2014-01-10 10.45.00

何が起きる?

さてこの機能、一見便利そうに見えますが「不要なメールが増えるのでは?」という懸念があります。

最近のGoogleの仕様では、YouTubeにコメントするにも、新しいGmailのアカウントを作るのにもGoogle+のアカウントが必要となります。つまり「Google+ のすべてのユーザー」というのは、大半がまったく自分と繋がっていない赤の他人ということです。

そんな赤の他人からアドレスを教えていないのにGmail宛てにガンガンメールが送られてくる可能性があります。

送信ユーザーの設定は変更可能

幸いにもGoogle+経由でGmailを送信できるユーザーの範囲は変更可能とのことなので、さっそく設定変更してみました。

Google+経由でGmailを送信できるユーザーの設定方法

Google+経由でGmailを送信できるユーザーの範囲は、Gmailの設定画面から指定できます。

Gmailの設定画面を開く

Web版のGmailにログインし、画面右上にある歯車アイコンをクリックします。

スクリーンショット_2014-01-10_10_44_33

表示されるメニューから「設定」を選択します。

スクリーンショット_2014-01-10_10_44_44

Gmailを送信できるユーザーの設定

設定画面の「全般」タブにある「Google+ 経由でのメール送信」を探します。

スクリーンショット 2014-01-10 10.45.00

ここで、Google+経由でGmailを送信できるユーザーを設定できます。

デフォルトでは「Google+ のすべてのユーザー」が対象になっていますね。

スクリーンショット 2014-01-10 10.45.10

自分の場合、Gmailのアドレスを教えた人以外からはメールを受けとりたくないので、「誰にも許可しない」にしました。

スクリーンショット 2014-01-10 10.45.51

変更を保存

最後に「変更を保存」ボタンをクリックします。

スクリーンショット_2014-01-10_10_46_16

これで、今までどおりアドレスを教えていない人からはGmailが送られてこないようになります。

追記:本機能はサークル内のユーザーのみに限定することもできます。詳細はGmailのヘルプをご参照ください。

Google+ の交流相手にメールを送信する - Gmail ヘルプ

参考

Google+のユーザーはアドレスを知らなくても他のユーザーにGmailを送れるようになる―オプトアウトは可能 | TechCrunch Japan

Googleを支える技術 ‾巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)