「flick!」デジタル版 1周年記念キャンペーン!創刊号が無料で配信中!

「flick!」デジタル版1周年

「flick!」デジタル版が1周年!

創刊号が無料配信

創刊号が無料配信

僕が雑誌時代から愛読している「flick!」のデジタル版が、1周年を迎えました!その記念キャンペーンとして電子雑誌書店『マガストア』にて、「flick!」創刊号が期間限定で無料配信されています。

MAGASTORE | 電子雑誌書店 マガストア

また、創刊号の無料配信に合わせて一部のバックナンバーも半額で配信されています。

一部のバックナンバーが半額で配信

一部のバックナンバーが半額で配信

通常価格が350円のところ、170円という破格で配信。iPhoneやスマホ関連のアクセサリーも豊富に紹介されていますので、ガジェット好きはもちろん、これまでこういう雑誌を読んだことのない方も眺めているだけでも楽しくなりますよ。興味のある方はこの機会にぜひ読んでいただければと思います。

Newsstandでは人気デジタルツール記事のベストセレクションも

人気デジタルツール記事ベストセレクション

人気デジタルツール記事ベストセレクション

これ、意外と知っている人が少ないと思います。実はNewsstandの定期購読ページから「お試し版」として、人気デジタルツール記事のベストセレクションが無料で読めてしまうんです。

Newsstandフリーマガジン

Newsstandフリーマガジン

iOS端末をお持ちの方は、まずこれを読んでどういう内容の雑誌なのか、雰囲気を掴んでみるのが良いと思います。

最新号にも注目!

最新号である7月号には、「子供とケータイ 子供とインターネット(後編)」と題したディスカッションの記事が掲載されています。

flick! 7月号

flick! 7月号

現代の子供にケータイ、インターネットといったテクノロジーをどう触れさせせるべきなのか?メリットやリスクも含め、世代間によって違うテクノロジーの感覚について、保護者や教育関係者を中心としてたディスカッションの内容が載っています。デジタルネイティブ世代の子供を持つ親のひとりとして、このディスカッション記事の内容には深く共感しました。

https://twitter.com/unsoluble_sugar/status/345013946140471296

iPhoneやタブレット端末など、次々と出てくる最新のテクノロジーを使いこなす子供たち。危険意識の低い子供たちに対し、親はどう向き合うべきなのか。IT、ICTに関するリテラシーが低く、様々なリスクを抱えた問題に明確な回答をできないという方も少なくないと思います。ぜひこの記事を読んで、この問題に関心を持っていただきたいです。親が少しでも関心を持つことで子供は守れます。