Windows Server 2012 の IE10 には Flash Player が同梱されてるけど デスクトップ エクスペリエンス をインストールしないと使えないんだよねっ

「Windows server 2012 の IE10 には Flash Player プラグインが同梱されている」という言葉の罠

ここ数週間、ずっとこの言葉の罠に囚われていました。星影です。

Windows Server 2012 で Flash 表示したかっただけなんですが、ちょっと苦戦しました。MSに問い合わせればいいのか、Adobeに問い合わせればいいのかとか、ぶっちゃけどうでもいいことに神経使ったりして疲れました。

苦労した甲斐あって、ようやく真相に辿り着いたのでメモしておきます。

Flash Player はあるの?無いの?

「Windows server 2012 IE10 Flash Player」とかでググると、ヒットしてくるのは「Windows server 2012 の IE10 には Flash Player プラグインが同梱されている」とか「IE10でのFlash Playerに対応した脆弱性に対処する更新プログラム提供」という類の言葉ばかり。

そして、必ずと言って良いほどセットで説明されているのが Windows 8。確かに Windows 8 の IE10 には、Flash Player がバンドルされており、OSのインストール後、何の設定も無しに Flash の表示ができます。

この流れを見ると「Windows server 2012 の IE10 には Flash Player が入っている」「更新プログラムが提供されてるんだから、Windows 8 と同じようにバンドルされてるんだよね?」と認識するのが自然ですよね。

でも、インストール直後の 「Windows Server 2012 には、Flash Player はインストールされていない」のです

Windows Server 2012 のコントロール パネル

Windows Server 2012 のコントロール パネル

Flash Player がインストールされていないんだから、Flash なんて表示できるわけがないよね!

でも、Windows Server 2012 向けにも更新プログラムが提供されてるんだよね!

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: Internet Explorer 10 における Adobe Flash Player の脆弱性に関する更新プログラム

/(^o^)\

わけがわからないよ

理想と妄想と現実が交錯したなか辿り着いたのが、山市 良氏のブログ記事です。

Windows 8 の IE 10 に標準で組み込まれている Flash Player のセキュリティ パッチ (KB2755399) の配布が開始されましたが、これは Windows Server 2012 の GUI 使用サーバーにも影響する場合があります。“場合があります”とは、既定のインストールでは、Windows Server 2012 に Flash Player は組み込まれないからです。

山市良のえぬなんとかわーるど: Windows Server 2012 RTM > IE 10 用 Flash 更新(KB2755399)について

やっぱデフォルトで Flash Player は入ってないんですね。
そして、続く記述に一筋の光が。

Windows Server 2012 では、[ユーザーインターフェイスとインフラストラクチャ]の[デスクトップ エクスペリエンス]がインストールされている場合に、Flash Player が組み込まれます。

山市良のえぬなんとかわーるど: Windows Server 2012 RTM > IE 10 用 Flash 更新(KB2755399)について

デスクトップ エクスペリエンス…だと……

つまり・・・どういう事だってばよ?

要するに「デスクトップ エクスペリエンス」をインストールすれば、Flash Player も組み込まれるということらしい。

デスクトップ エクスペリエンスは、Windows ストアと Windows ストア アプリのサポートを有効にするために、インストールするというのが通常の目的の模様。

細かいところまで見てないけど、サーバーOSをクライアントOS(2012の場合はWindows 8)に寄せるためのオプション機能みたい。そういえば、2008にもあった気が…

デスクトップ エクスペリエンスを追加する

というわけで、デスクトップ エクスペリエンスを追加してみた。

サーバー マネージャーの [役割と機能の追加]

サーバー マネージャーの [役割と機能の追加]

まずは、サーバー マネージャーから「役割と機能の追加」を選択。

デスクトップ エクスペリエンス にチェックを入れる

デスクトップ エクスペリエンス にチェックを入れる

対象サーバーを選択して「機能」まで進める。「ユーザー インターフェイスとインフラストラクチャ」の「デスクトップ エクスペリエンス」にチェックを入れる。

デスクトップ エクスペリエンス に必要な機能を追加する

デスクトップ エクスペリエンス に必要な機能を追加する

チェックを入れると、合わせてインストールが必要な機能のダイアログが表示される。これ入れないと使えないんだから、選択の余地無いよね?

次へ

次へ

チェックを入れたら次へ進む。

インストール オプションの確認

インストール オプションの確認

最後にインストール オプションの確認画面が表示されます。

必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する

必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する

「必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する」にチェックを入れると、言葉のとおり自動的に再起動してくれます。

過去のOSでは手動で再起動が必要でしたが、この機能はありがたいですね。

インストール開始

インストール開始

インストール開始。
2回くらい再起動されたかな?

 ねんがんの Flash Player をてにいれたぞ!

というわけで、無事に Flash Player をインストールすることができました。

コントロール パネル(Flash Player)

コントロール パネル(Flash Player)

ちなみに、IE10 に組み込まれる Flash Player のバージョンは、11.3です。

この記事を書いてる時点での Flash Player の最新バージョンは、11.5です。この辺りをAdobeに問い合わせたところ、Windows Server 2012 では、最新バージョンである11.5をサポートしていないとのことです。

IE10 の Flash Player は、Windows Update で更新されるので、他OSの Flash Player とは扱いが違うということでしょうか。

まとめ

「Windows server 2012 の IE10 には Flash Player プラグインが同梱されている」

この言葉は決して間違ってはいません。
ただ、非常に認識違いが起こりやすい書き方だと思います。

Windows 8 の IE10 で、 Flash が再生できることを知っている人は 「同梱されている = インストールされている」と認識してしまうでしょう。

でも、実際はこうなのです。

Windows server 2012 の IE10 には Flash Player プラグインが同梱されているが、使用するにはデスクトップ エクスペリエンスのインストールが必要

Flash Player がインストールされていない状態で、いくらインターネット オプションをいじったり、更新パッチをあてようとしようが無意味ってことです。

というわけで、Windows Server 2012 の IE10 で Flash Player を扱う際のメモでした。

Windows Server 2012テクノロジ入門 (TechNet ITプロシリーズ)
山内 和朗
日経BP社
売り上げランキング: 22,803