Google Playブックス対応Androidタブレット「Nexus 7」レビュー

「Nexus7」入荷しました

Nexus7 届きました

先日注文したNexus7ですが、木曜日の午前中に届きました(∩´∀`)∩

25日の朝に注文、昼にはシンガポールから出荷されたので、2日で届いたということになりますね。う~ん、早い!

開封の儀

というわけで、さっそく開封。

同梱物は充電用アダプター、USBケーブル、取り扱い説明書など。

片手で握る場合ですが、成人男性の手でギリギリくらいでしょうか?
僕は割りと手が大きい方なんですが、こんな感じです。

まぁ、本体の重さは約340gなので、iPadよりは全然軽いです。
両手持ちも良い感じ。

本体裏面はつや消し黒の滑り止め加工。
ASUSロゴ下がスピーカー、上部のnexusロゴ周辺がNFC領域となっています。

滑り止めのおかげで、片手でもしっかり持てます。

他端末と比較してみる

おそらく比較対象となるのは、iPadほか有象無象のAndroidタブレットでしょうね。

残念ながら僕はAndroidタブレットを持ち合わせていないので、iPadなど手持ちの端末との比較写真を載せておきます。

iPadとNexus7

まずはiPadとNexus7。

Nexus7を横向きにすると、iPadの半分くらいの大きさです。

Webブラウジングはこんな感じ。

Nexus7とGalaxyNexus

Nexus繋がりということで。

同じAndroid4.x系なので、この2つの組み合わせは良さそう。

iPhoneを混ぜてみる

iPhoneをお持ちの方も多いと思うので、混ぜてみました。

左からiPad、Nexus7、iPhone4。
Nexus7は、ちょうど中間にあたる大きさになりますね。

されにGalaxyNexusを追加。
左からiPad、Nexus7、GalaxyNexus、iPhone4。

サイズ感は掴めたでしょうか?

色々いじってみる

とりあえずよく使うアプリを起動してみる。

Chrome

デフォルトブラウザがChromeになっていた。
いまいち正式名称の分からない「ブラウザ」とはおさらば。

ちなみにこのような密集したリンクをタップすると…

リンク部分が拡大されます!

ピンチアウトする手間が無くなるので、非常にありがたい機能ですね。
ただ、拡大されるリンクの基準がイマイチ不明。

描画も早いし、やっぱり使い勝手良いですねChrome。
今までありがとう「ブラウザ」…!

Evernote

AndroidのEvernoteアプリは、結構頻繁にアップデートされるんですよね。
久しぶりに見ると色々変わってて戸惑う。

ノートブックの切り替えが、カードみたいになって良い。

pocket

iPadだと大き過ぎる、iPhoneだと小さ過ぎる。
これは片手で読むのにちょうど良い。

マップ

ある意味、今一番旬なアプリ?w

やっぱり見やすいですね、マップはGoogleが一番かな。

航空写真も綺麗です。

Playムービー

僕は今まで使ってなかったのでよくわかりませんが、Google公式の映画レンタルサービスみたいですね。

「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」が最初から入っていたので見てみました。

オプティマーーーーーース!!!

何この超画質ヤバい。
オプティマス格好良過ぎ。
映画館に見に行ったのにまた見ちゃった。

ウチの回線速度が微妙なのでたまに途切れますが、光回線な方はさぞかし快適に見られことでしょう。是非ともお試しいただきたいです。

Playブックス

日本の電子書籍市場がアレな中、このタイミングでGoogleがブチ込んできましたね。

夏目漱石の「こころ」などがプリインストールされていたのですが、試しに太宰治の「人間失格」をダウンロードしてみました。

ページめくり、縦画面だと右開き固定なのかな?ちょっと違和感…

横向きにすると左開きになるみたい。

設定で背景やフォント、行間などが変更できます。

文字サイズを小さくしてみる。

背景黒にしてみる。
目に悪そうだけど、内容によっては雰囲気出るかも?

コンテンツはまだまだこれからという感じですが、Google大先生なら何とかしてくれるでしょう。真の電子書籍元年はよ!

マガストア

iOS、Androidともに、レビューが悲惨なことになってるこのアプリ。

色々問題も多いサービスなのですが、僕の愛読書であるデジモノステーションやFlick!が読めるので、主にそのためだけに利用。

まぁ、使おうと思ったらさっそく問題がイパーイ/(^o^)\

ということで何とか見れる状態に。

やっぱり7インチで雑誌を読むのには、そのままのサイズだと若干ジャギる。

ちょっと拡大すれば綺麗に読める感じ。

まとめ

そんなわけでひと通りいじってみましたNexus7。
何となく雰囲気は伝わったでしょうか?

ひと通りいじった感じでは、有象無象のAndroidタブレットを駆逐出来る可能性を秘めている端末ではないかと感じました。

他端末の比較でも出しましたが、iPadと比較されることが多そうですね。
ただ、個人的にはiPadと競合することは無いんじゃないかなぁ、と思っています。

7インチのタブレットということで、比較するのであれば、電子書籍端末であるKindleやkoboと比較するのが妥当かと(もしくは噂が出ているiPad miniでしょうか

また、スペックとしては十分と思いますが、定価が2万円を切る価格であるため、非搭載の機能もいくつかあります。他のタブレット端末に搭載されていて、本端末に非搭載なものとしては、以下の様な感じでしょうか。

  • 3G/4G通信非対応
  • SDカードなど容量拡張スロットなし
  • 背面カメラなし
  • 映像出力端子なし

これらの機能が無くても良い、想定している利用シーンが網羅できている、というのであれば間違いなく「買い」の端末です(もちろんAndroidタブレットに限定した話

現段階では噂レベルのiPad miniを待つも良し、Windows 8タブレットに期待するも良し。
自分が納得できるのであれば、好きな端末を買えば良いと思うよ(∩´∀`)∩