Interop Tokyo 2012「IPv4アドレス調達とIPv6 Launch」講演メモ

World IPv6 Launch

IPv4アドレス調達とIPv6 Launch

Interop Tokyo 2012で、IPV6 Launchの話を聞いてきました。

講演者

江崎 浩
東京大学/IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース主査

前村 昌紀
社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター/IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース広報WG

概要

IPv4アドレス確保における現状と、6月6日のIPv6 Launchを迎えたインターネットの最前線。

 講演メモ

以下、ザックリと講演内容のメモ。

東大の江崎氏は、外せない会議があるということで、大学からWebカメラで中継待ち。
前半は前村氏の話。

前村氏はかなり早口で、話についていけない人も居そうだった。

IPV4枯渇対応タスクフォースの説明。

アドレス枯渇はまだ終わっていない
2011/2/3に中央在庫なくなった
4/15 日本も在庫なくなった

IPV4は、無駄遣いで空いてるところがまだある。
スマホの普及で端末は、これからもどんどん増える

IPV6対応の問題
サーバ側:見に来る人がいない
クライアント側:見に行くものがない

Google、facebookは、IPV6対応済み
KDDI、枯渇の翌日、IPV6対応。
→お客さんは意識することなく移行
フレッツ光NEXTも同様。

大手のISPはデフォルトでIPV6アクセスになっているところもある
Googleで検索、facebookでいいね!、今はほとんどすべてがV6でやりとりされている

事業者もいつかは対応しないと…という意識
→これは枯渇対応ではない、プロトコルアップグレードだ
少しずつ数年かけて対応、リテラシーも上がっていき、運用体制も整う
→いきなりV6だけにするのは難しい
→お客はほとんどIPV4に居るから
→分配済みアドレスをもらう

IPV4の名義変更
→本当は余ったらかえしてくださいというスタンスだったが、難しいので移転できるようにした

枯渇タスクフォースでは座学、セミナーなどやってる
エンジニアが相談にのってくれる

================================

東大の江崎氏の話。
※この日のクラスルーム最後の講演だったため、後半は某S社の抽選会呼び込みがうるさくて全然集中できなかった。

IPV6協議会表彰
KDDI、SONY

6年後にはだいたい半分のユーザーがV6使うという予想
トップ100ウェブサービスのうち10%はもうV6対応してる(上位の方)

  •  AAAAフィルタが要らないようにすべき
  •  CSPとISPによるIPV6共同実験
  • IPV6をオンにする障害をなくす

講演を聞いて

何というか、HTML5対応と同じで、やはり大手の対応は早いなぁと感じた。
ただ、多くの企業 がIPV6対応するにはやっぱり時間がかかりそう。

各企業の情報システム担当のリテラシー向上や、環境整備等々、まだまだ壁が多いですね。